WEB内覧会 タタミスペース

どうもバタピーです(^^)/

今日も冷えましたねー

今朝の外気温はなんと-6.6℃!

家の中は21℃をキープしています。

依然住んでいたアパートだったらきっと室温も0度近かったでしょう・・・

本当に命に関わりますね。

ちなみに実家のある栃木南部は↓

-8.6℃!

お金があれば実家も建て替えてあげたい笑

北関東は北海道よりも寒い朝になりました。

さて、本日はタタミスペースを紹介します。

我が家が「タタミスペース」と呼んでいるのはコチラです。

「和室」と呼ばないのは、部屋として仕切る建具が無いからです。

理由としては、

  • タタミスペースで室内干しをするため、建具は移動の邪魔になる。湿気を家全体に拡散させるためにもオープンな方が有利。
  • お客さんが泊まりに来る際は2Fに泊まってもらうので、客室として使うこともない
  • リビング横にあるのでLDKが広く感じれる

というのが理由です。

畳の色はブラウンです。

私に色の決定権はないのですが、濃い色が好きな私にとっては思わぬ誤算で夫婦の意見が一致しました笑

ちなみに畳といえば「イグサ」ですが、この畳は「和紙」でできています。

なので畳特有のあの香りがありません。

単に社長におススメされたので、その中から選んだとおもいます。

吊り押入れの下はチェストで完全に隠れるのですが、しっかり無垢床を入れてくれています。

吊り押入れに建具と、押入れの下に子供服を収納するチェストを入れるとこんな感じです。

チェストの寸法に合わせて高さを調整してもらったのでぴったりです。

押入れの戸は3枚引き戸で、これも造作で寝室のドア同様にルナ漆喰で仕上げています。

ちなみにこの写真右側が見切れていますが、実は建具屋さんのミスで長さが足りなくて隙間空いています笑

なのでまだ完成していませんが、まぁイメージはこんな感じということで。

今は建具を入れていませんが、もし将来建具を入れたいとなったときにはこの見切り?の部分を加工して建具を入れることができます。

床とフラットだと通りやすくて良いです!

後から気付きましたが、室内干しの洗濯物は夜干して、次の日の夜まで干しっぱなしの我が家。

休日の日中とか玄関先に誰か来たときは、丸見えです笑

そういえば写真の左手前の柱ですが、この柱は人の導線にあるので丸くできないかという提案をしましたが、難しいということでできませんでした。

ウェルネストホームの大阪のモデルハウスでは丸く仕上げてるものがあるので、できなくは無いと思うのですがね。

ならば、ぶつからないように少しでも細くしようと「緑の木」そのままにしようとも考えましたが、結局壁と同じように仕上げてしまいました。

住んでみると大人はそんなにぶつからないですが、娘(1歳)がよくぶつかります。。。

巾木も角張っているのでここだけは巾木レスでもよかったのかなーと今になって思います。

タタミスペースは以上です。

それではまた(^^)/



※ランキングに参加しています
↓↓ついでにクリックして頂けると更新の励みになります↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ