スポンサーリンク

分解調査して高精度な温湿度計&データロガーを探す(みはりん坊w編)

みはりん坊W分解調査1 オススメ商品

どうもバタピーです(^^)/

先日、記事にした温湿度計の精度についてですが↓

記事の中で高精度な温湿度計「みはりん坊W」を壊してしまったと触れました。

2F吹き抜けの腰壁の上に一時的においていたところ、誤って触れてしまい吹き抜けから1Fへ落してしまったのです。。。( 一一)

みはりん坊W分解調査1

↑ご臨終となりました。。。

そこで、せっかくなので高精度だという理由の真相を確かめるべく、この「みはりん坊Wを分解調査」してみることにしました。

低燃費住宅仲間のI様からの情報提供で、みはりん坊WのメーカーであるA&Dに問い合わせしたところ、先日の記事で紹介した高精度なセンサーを使用しているとのことでした。

そのセンサーがどんなものか確認したいと思います。

みはりん坊W分解調査2

本体裏側を見ると小さいビス4本が見えるので、これをとれば簡単に開けられそうです。

みはりん坊W分解調査3

電池も外して。

みはりん坊W分解調査4

パかっと開くと基盤がでてきます。

みはりん坊W分解調査7

ケースから取り外して裏返すと液晶部分が見えます。

みはりん坊W分解調査10

私が吹き抜けから落としたことにより、液晶部分の角2か所が欠けてしまったようです。

液晶が欠けただけなら大丈夫じゃないか?と思いまいしたが、

どうも、液晶自体に接点があり、ピンク色の部品を介して基盤とつながっているようです。

つまり接点が欠けてしまっているので、私には修復不可能です。。。

みはりん坊W分解調査11

さて、お目当ての温湿度センサーを探しましょう。

そうも赤丸の黒い部品が温湿度センサーのようです。

「SHT20」と記載がありますね。

前回の記事では「SHT21」とメーカから回答があったとお伝えしましたが、担当者の勘違いか、コストダウンを図ったようですね。

HPを見るとこれらは、センシリオン社の「SHT2x」シリーズの製品のようです。

ちらっと調べたところセンシリオン社は信頼性の高いブランドで、精度も良いし価格も少しお高めのようです。

このシリーズにはローコスト、標準、ハイエンドとありますが、みはりん坊wに使われているのはローコストのセンサーになるようです。

しかし、湿度の精度は±3%と悪くはないですね。

ハイエンドになると、±1.8%なのですごくそそられますが、米粒程度のこの部品がネットで検索すると1000円以上しるようなので、ちょっと躊躇しますね。。。

自己責任になりますが、将来劣化してセンサーの部分だけ「SHT21」あたりに交換するとコスパ良くていいかもしれません。

センサーが小さいので、はんだ付けスキル高くないと難しそうですが。。。

 

ということで、みはりん坊wはセンシリオン社の「SHT20」という湿度精度±3%と信頼性の高い温湿度センサーを装備していることがわかりました。

商品自体の仕様には湿度精度±5%と書いてありますが、センサはもっといい数字なので。なぜか謙遜しているようですw

その上、絶対湿度も表示してくれて、価格も手ごろなのでいい商品だと思います。

公表している商品仕様と使用しているセンサの精度が一致していないことから、他の湿度計も気になってきたので引き続き分解して確認していこうとおもいます。
 
それではまた(^^)/


※ランキングに参加しています
↓↓ついでにクリックして頂けると更新の励みになります↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

  1. neco より:

    こんにちは!

    センサ単品の精度に、半田付けなどの製造のばらつきを考慮しての±5%精度なのでしょうね。

    みはりん坊Wにロガー機能がついたら完璧なんですけどね!

    • バタピー より:

      necoさん
      こんにちは!
      みはりん坊wにロガー機能は最強ですね!
      でも、この商品も結構売れているでしょうから、ロガー機能付きがでるのも時間の問題じゃないでしょうかね?
      もう発売してから7年もたってるみたいですし。

      • neco より:

        バタピーさん、

        そういうニーズに対する応答は日本製品は遅いですよねー。。

        みはりん坊Wの会社ならAD-5696
        https://www.aandd.co.jp/products/electronic/hygrothermograph/wbgt_monitor/ad5696/

        という選択肢になると思います。
        こちらの湿度センサはセンシリオンのものよりも良いのだとか(書き間違えているかもしれません!)

        メーカー校正も可能ですが費用は1万円くらいとのこと。。

タイトルとURLをコピーしました