ダイキンのエアコンに再熱除湿が復活!しかもメッチャ省エネかも!?

どうもバタピーです(^^)/

以前の記事で気になるエアコンがあるという話をしましたが、今回はそのエアコンについてです。

バタピー家でさんざん苦労した除湿問題ですが↓

低燃費住宅の夏はやっぱり快適!でも湿度が高い
どうもバタピーです(^^)/ 引越ししてから1週間が経ちました。 まだまだ片付けてないダンボールがあったり、どうやって収納するか...
低燃費住宅1年目の除湿方法はエアコンの機種と設置場所が超重要
どうもバタピーです(^^)/ 暑さが和らいだと思ったらまたぶり返してきましたね。 しかし高気密高断熱住宅に住んでいる皆さんには関...

電気代がかかるので躊躇していた再熱除湿機能について気になるエアコンが登場しています。

それがコチラ↓

スポンサーリンク

ダイキンエアコンに再熱除湿復活

以前もちらっと書きましたが床や壁が蓄熱できていると非常に快適です。

最近のエアコンは人の皮膚の表面温度はもちろん、床・壁の温度も測って輻射熱がたりないと判断すればその場所を温めてくれたりします。

安いエアコンにはない機能なので、最低限この機能は欲しいところです。

(バタピー家の1Fエアコンにはついてない・・・)

そんななか、今気になっているのはダイキンの2019年モデルのエアコンで、壁・床の温度を測るのはもちろん、まさかの再熱除湿機能が復活しているような記述が↓

ダイキン再熱除湿復活

出展:https://www.daikinaircon.com/roomaircon/products/a_series/index.html

室温を下げない除湿。

すなわち再熱除湿だよな?

しかし、その下の記述には「再熱除湿ではありません」とあります↓

ダイキン再熱除湿復活1

どういうこと?

ということで、ダイキンさんに直接問い合わせてみました。

結果から言うと、「再熱除湿」です!

ダイキン担当者が言うには、再熱除湿と明記するとどうしても電気代が高いというイメージを持たれてしまって敬遠されてしまうため、敢えて再熱除湿とは明記しませんでしたとのこと。

なんじゃそれ。わかりずらい笑

しかし、どうも普通の再熱除湿ではないらしいんです。

再熱除湿と言えば、熱交換器の一部を専用のヒータで温めてエアコンからの掃き出し温度を上げることで室温を下げないように配慮した機能です。

このヒータで熱交換器を温めるという工程で消費電力が多く必要となることから再熱除湿の電気代は高くなりがちです。

しかし、ダイキンの再熱除湿はヒータを使用せず、室外機で捨てるはずだった排熱を再び室内機へ回収し、その熱で熱交換器を温めるという方式をとっているそうです。(そのための配管がもう1本ついている)

そのため、以前のようなヒータを使った再熱除湿より、格段に消費電力はかからないため、電気代も低く抑えられるとのことです。

どれくらい抑えられるのかHP上の情報になってしまいますが、我が家で採用している日立の再熱除湿付きエアコンと比較してみます。

日立↓

日立再熱除湿1

出展:https://kadenfan.hitachi.co.jp/ra/lineup/wseries_j/

ダイキン↓

ダイキン再熱除湿復活2

 容量室外温度室外湿度室内温度室内湿度設定風速消費電力除湿量吹き出し温度
"日立
RAS-W40J2"
14畳用24Ž℃80%24Ž℃60%
急速パワフル
550W960ml/h24Ž℃
"ダイキン
AN40WAP"
14畳用24Ž℃80%24Ž℃60%?120w420cc/h22Ž℃

両社で比較すると、確かに圧倒的にダイキンの方が消費電力が低いですね。

日立の消費電力の1/4~1/5というのは確かにすごい。

しかし、ダイキンの除湿量は日立の半分以下です。

それにダイキンの吹き出し温度は室温24℃に対して22℃なので少し室温が下がるかもしれませんね。

いずれにせよ、消費電力に関していえばダイキンが省エネなのは間違いないでしょう。

バタピー家で採用している日立の再熱除湿は去年のモニタリングの結果からかなり消費電力が高いことがわかっているので、私としてはこのダイキンのエアコンの再熱除湿がすごく気になるところです。

除湿量は下がるかもしれませんが、高気密高断熱の家では24時間運転することが多いですから、ずっと除湿し続けられることが重要です。

ダイキン再熱除湿

出展:https://www.daikinaircon.com/roomaircon/products/a_series/index.html

今はほとんどのメーカのエアコンでは上図のようにボタン1つで冷房・弱冷房除湿・再熱除湿を切り替えて運転し続けてくれれますが、その基準やロジックまでは各メーカ次第なので一般ピーポーには判断が難しいレベルになってきました。

しかし、選択肢が増えることはいいことです。

今後もヒータを使わずに排熱を利用する再熱除湿方式を採用したエアコンが増えてくるかもしれませんね。

年を増すごとに新しい製品を選べるみなさんに羨ましさが募ります(笑)

お値段も6畳用ならビックリするような値段じゃありませんしね↓

前述の比較では14畳用での比較ですので低燃費住宅で選ぶような小さなエアコンでは除湿量も少なくなるかもしれません。

バランスをとるのは難しい。

あれ? よく見ると、日立のエアコンも「室外機の廃熱の一部を利用」との記述が↓

日立再熱除湿1

謎は深まるばかり。

今回はこの辺にしておきましょ。



※ランキングに参加しています
↓↓ついでにクリックして頂けると更新の励みになります↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ