スポンサーリンク

【悲報】オール電化向け最安電気料金プラン「ぜんぶでんき東京」が大改悪

ぜんぶでんき東京 改悪 光熱費
この記事は約3分で読めます。

どうもバタピーです(^^)/

 

先日、当ブログ読者さんからのコメントで衝撃の事実が発覚しました。

それがコチラ↓

HISでんき
ず~っと安いお得な安心でんき。「HISでんき」はHISグループ発のエネルギーサービス。安全な電気供給でもっとお得に!。

これまでの「ぜんぶでんきプラン」は21/5/31をもって受付終了となり、6/1からリニューアルした新プランが登場したのです。

 

このニュースリリースの題名だけで嫌な予感しますよね。

その中身を見てみましょう。

 

スポンサーリンク

旧「ぜんぶでんき」プラン

まずコチラが5/31までの東京電力管内の旧プラン↓

ぜんぶでんき東京の料金単価

10年程前までの東京電力の最安プラン「電化上手」に対して、同じ時間帯で料金単価が若干安くなっています。

そもそも「電化上手」は今では新規受付ができないので、東京電力と契約したい場合さらに割高なスマートライフプランというのを契約することが多いです。

そのため、最近、新規契約する必要がある方にとっては10年前の「電化上手」より安いプランで契約できるこの旧「ぜんぶでんき東京」プランは魅力的でした。

 

 

新「ぜんぶでんき」プラン

こちらが、今回発表された東京電力管内の新プラン↓

 

ぜんぶでんき東京 改悪3

その名は「オール電化プラン 東京」。

なんと今の東京電力で契約できる割高なスマートライフプランに対して、昼間時間の料金がたった2%だけ安くなるというもの。。。

 

 

旧プランと新プランを比較

わかりやくするため、新旧プランを並べてみましょう。

ぜんぶでんき東京 改悪4

左が旧プラン右が新プラン。

一番魅力的だった深夜時間帯が8時間➡5時間に短縮!

その上、料金単価も40%高くなります。

朝晩、在宅して家電をよく動かす時間帯の単価も高くなっています。

昼間時間帯は安くなっていますが、仕事で不在にしていることが多かったり、太陽光パネルを載せて自家消費している家庭にとっては、昼間時間帯の料金単価が安くなることはメリットにはなりません。

 

これは完全なる改悪です( ゚Д゚)

まあこれは、これまでも他社プランでよくあることでした、

これから電気代が上がっていくことが目に見えている時代なので、いずれは改悪になるだろうなとは思っていましたが、思ったより早く改悪となってしまいました。

ちなみに、旧プランを契約していた方はそのまま継続することができるのでご安心ください。

 

せっかく電力プラン変更による節約効果を、毎月記事にしていたのにあまりやる意味がなくなりましたね笑

いろいろ残念です(-_-)

 

もし、また別のお得な電気料金プランの情報が入ってきたら紹介しようと思います。

それではまた(^^)/



※ランキングに参加しています
↓↓ついでにクリックして頂けると更新の励みになります↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました